ウォークインワインセラー

製品紹介

プライムのウォークインワインセラーは、デザイン、ディスプレイ方法と効果、抜群の収納本数などお客様のご要望の全てにお応えした製作品です。

各セラー専用設計の冷却ユニットシステムによる温度と湿度の性能や空間、家具、インテリアに合わせたデザインや素材選定、ワインボトルを魅せるために設計されたボトルディスプレイ、最適な明るさを持ち演出を可能にするセラー照明など他のワインセラーには無い数多くの魅力を備えております。

ディスプレイ、デザイン、収納本数などの魅力から数々のレストランなどでの採用実績があります。いろいろなディスプレイシーンに合わせたウォークインワインセラーを製作しているため、個人の方の住宅や別荘にも採用いただいております。特に本当の良さを知っておられる方には、ご好評・ご採用いただいております。
お客様よりご好評をいただいているウォークインワインセラーを一部ご紹介します。

設置スペースに合わせて製作

大きなワインセラーでワインを数多くディスプレイしたいが、通路が必要で設置スペースがあまりないという場合も、プライムのウォークインワインセラーなら製作できます。
通常は、ワインボトルをワインセラー奥行方向に収納しますが、ワインボトルを横方向に収納することにより、ワインの種類やボトルラベルを数多くディスプレイしつつもセラーの奥行を30cm程度まで抑えた薄型壁面設置可能なワインセラーの製作を行っています。
セラー全面でワインをディスプレイできることはもちろん、通路のスペースを確保するためにスライドドア(引違戸)仕様など設置場所に合わせたワインセラーを製作いたします。

確実な温度管理

プライムのウォークインワインセラーは、専用に設計した冷却ユニットを搭載し、ワインに最適な温度を一定に保つ性能を有しています。また、温度設定はマイコンデジタルコントローラーを標準装備しているため、簡単かつ確実な温度管理をお約束します。
ワインの種別による温度管理にも対応します。赤ワインは15℃、白ワインは8℃で温度管理したいなどのご要望には、ワインセラー内部をガラスで仕切り、個々の温度管理できるワインセラーとして、特に飲食店などの営業用のご使用に採用いただいております。

最適な湿度管理

プライムのウォークインワインセラーは、通常の冷蔵庫とは異なりワインに最適な湿度を保ちます。
その原理は少し難しくなりますが、セラーを冷却する際の冷媒蒸発温度とセラー庫内温度の温度差が最小となる冷却ユニットの構造と容量制御を行い、熱交換器に付着した水滴をセラー庫内空気中に戻す湿度還元方式の採用により、ワインに最適とされる湿度60〜80%RHを保ちます。

UVカット/高断熱遮熱機能ガラス

プライムのウォークインワインセラーは、紫外線をカットする特殊断熱遮熱機能ペアガラスを採用しているため、大切なワインを紫外線や高い室温からお守りします。
また、低温仕様のワインセラーや地下室などの高湿度の環境など多少外気条件の悪い設置場所には、さらに断熱性能の高い真空断熱複層ガラスもオプションで選択可能なため、ガラス面の結露がなく、いつもクリアーなワインのディスプレイをお約束します。

設置場所の電源に対応

プライムのウォークインワインセラーは、お客様のご要望をお聞きした上で製作するため、ワインセラーの電源についてもいろいろな電源に対応が可能です。
住宅、別荘などには単相100Vや単相200V、レストラン、飲食店など業務でのご使用には単相100V、単相200Vの他に三相200Vなど設置場所に合わせた電源仕様で製作することができます。
ワインセラーの設置場所に合わせることはもちろんランニングコストも考慮した上で、そのセラーに一番適した電源仕様でご提案させていただきます。

ランニングコスト

ランニングコスト(消費電力)についてですが、一般的に計算した場合、セラーの容積が2倍になったからといって消費電力が2倍になる訳ではありません。
一例としてですが、プライムでオーダーメイド製作した300本収納可能なワインセラーは、100本収納の規格品ワインセラー3台分の消費電力より少なくすることができます。ワインセラーを3台、4台と数台所有しておられる方は、ランニングコストを抑えることも可能になります。

静音設計

プライムのウォークインワインセラーは、静音設計です。低振動、低騒音のコンプレッサを採用し、さらに防振装置の追加によってその静粛性を高めているため、一般的な飲食店などのご使用ではほとんど気になりません。
住宅、別荘、ホテルなど更に静粛性が求められる設置環境においては、そのコンプレッサをリモート方式(室外機)で施工するため、大型のワインセラーであってもこれらのことをクリアした限りなく無音に近いワインセラーとなります。

大容量ワインセラー/大型ワインセラー

地下室にワインセラーを設置したいとお考えの方やお部屋を全部または部分的にワインセラー(ワインルーム)にしたいとお考えの方には、現地断熱パネル組立方式のワインセラー(ワインストックルーム)をご採用いただいております。
ワイン保管専用の冷却ユニットを搭載し、温度・湿度の正確なコントロールはもちろんのことセラー内部の仕上や素材、ワインボトルラックなど、特にワインを500本以上保有されている方に適しています。
もちろん「部分的にガラスにしてワインが見えるようにしたい」とか「こんな感じのボトルラックでディスプレイしたい」などご要望に応じて製作、施工しておりますので、まずはイメージをお聞かせください。

日本酒セラーや焼酎セラーも製作

プライムでは、ウォークインワインセラー製作施工で蓄積された温度、湿度のコントロール技術を用いて、日本酒セラーや焼酎セラーなど日本のお酒専用の冷蔵セラーの製作も行っています。
デザイン、コンセプト〈和〉の〈SAKE〉セラーは、日本料理などのお店にご採用いただいております。

ワインの神秘

ワイン―それは大地からの贈り物。
人間が誕生するはるか以前からワインはあったと言われています。
野生のブドウの樹から落ちた実がくぼ地のような壷の中に落ち、その中でブドウの糖分が発酵し奇跡的にワインというお酒が生まれたそうです。

ワインの命

ワインには寿命があります。発酵によりワインが誕生し、そして熟成を重ね、最後には酸化して寿命を迎えます。寿命はそれぞれで、短いもので1〜3年、長いもので30〜100年。長いほどワインの品質も価値も上がります。ワインの寿命はブドウの種類や酒造方法、土壌、気象、保存方法などにより違いが出てきます。そう、ワインは生きているのです。
近年、日本はワインブームで海外からワインを買って帰る人も多くなりました。しかし、日本の酒屋で売れているワインとは違い、海外で買うワインはまだ若く、熟成させてから飲むものが多いはずです。そうなると保存方法が気になるところです。

デリケートなワイン

生きているワインの保存方法はとても大切です。ワインは振動、光、高温、乾燥、異臭などを嫌います。保存温度は14〜15度、湿度は75%が理想で、一定の温度を保つ方が良いと言えます。しかし冷蔵庫での保存は振動があり、乾燥し、温度も低いので余り望ましくありません。それにワインの産地であるヨーロッパと同じように暗くて涼しい温度差の少ないところを探すのはとても大変。日本の夏を越すのはとても難しいです。ワイン愛好家にはワインセラーが欠かせないでしょう。またワインを成熟させる場合は横にして保存します。コルク栓を湿らした状態にしておくとワインは呼吸することができ成熟が進むからです。そしてコルク栓の乾燥も防ぎます。

ワインセラーの必要性

ワインセラーは、ワインを最高の状態で維持し、熟成させます。安定した温度と湿度管理、振動、光、換気などワインを理想的な状態に保ちます。まとめ買いをしたとき、ビンテージワインやお気に入りのワインを購入したとき、ワインセラーは欠かせません。
ワイン農家が精魂込めて作った神秘的なワイン。ワインの飲みごろの日、そして大事な記念日などを楽しみに、世界中のワインのおいしさをじっくり味わってみませんか。

〒358-0032 埼玉県入間市狭山ヶ原293-1 (狭山台工業団地内)  TEL・FAX:042-934-6614

Copyright © Prime Co., Ltd. All Rights Reserved.